初心者がFXで1万円からでも最大限に利益を取る方法

FXというと、「小額からも始められる」と言った言葉や広告をよく見ませんか?もちろんあなたの思っている金額でも始められるでしょう。しかし小額から始めたとしても利益はどのくらいになるのか?さほど儲からないのでは?そこが気になるところですね。今回の小額と言うのはタイトルの通り「1万円」になります。この1万円あればFXを始めることができます。しかし、FXで安定して利益を取っている人は1万円でトレードは誰も居ないはずです。そして、1万円から始めたという人もほとんどいません。なぜなら元手が大きいほど利益も大きくなるからです。でも、まずは1万円から始めたいという方は、ここから資金を増やしていき、いずれは大きな金額を動かしてトレードしたいですよね?この記事では1万円でFXを始めて、初心者でも実行できる取引方法でどのくらいの利益を取れるのかを調べました。この記事を読めば1万円でFXを始める事の意味が分かるようになります。

1.1万円で始めるFX

 

1万円でもFXを始める事は可能です、一般的な通貨単位は「1万通貨」であり、そのために必要な必要証拠金は1ドル100円で、レバレッジ25倍の場合、約「4万円」となります。しかし通貨単位を落とし、「1000通貨」にすれば、必要証拠金は、約「4000円」となり、1万円でも取引を行えます。

1万円でFXを始める事は、負けた時のリスクが少なくなります。しかしながら、勝った時に得る利益は、人にもよりますが、あまり多くは無いと言えず、普段100万や、200万で取引を行っている人達からすれば、物足りない、効率が悪いと感じると思います。それを頭に入れておいてください。

ですが初心者の方や、コツコツ稼ぎたいと思う方などには、「1万円」という金額は、おススメできます。

1-1. 1000通貨で取引を

1万円で取引を始めるなら「1000通貨」で取引を始めてみましょう。なぜかと言うと1万円で取引をする場合、1000通貨が丁度いい通貨単位だからです。なぜ丁度いいのかと言うと、それは「ロスカット」を考慮したからです。レバレッジ25倍で「2000通貨」なら必要証拠金8000円だから2000通貨で取引した方がいいと思われる方も居るかと思いますが、それでは「約1円」の相場の値動きで強制的にロスカットされてしまいます、ですので、1000通貨なら「約6円」の値幅に耐えられます。

これは実際のドル円相場で、黒い矢印の先端から先端までで「4.4円」の値幅があります。この相場買いポジションで逆行してしまっている状況だとしても1000通貨なら耐えられます。ですが、2000通貨だと黒矢印で示した以外のところでもポジションを維持できることが出来ません。つまり必要証拠金ギリギリの取引では、たとえ1万円ではなくとも勝負にならないということで、余裕を持って取引が必須という事になります。よって1万円でFXを始めるのなら「1000通貨」から取引をしましょう。

1-2.1000通貨以下からでも始められるFX会社

現在国内の1000通貨以下でも取引が行える会社は、15社ほど対応しており、それぞれ色々なサービスがありますその中からFX会社をピックアップしてみました。

会社名 最少取引単位 手数料 スプレッド(米ドル/円)
OANDA JAPAN 1通貨~ 無料 0.3銭
SBI FXトレード 1通貨~ 無料 0.3銭
マネーパートナーズ 100通貨~ 無料 0.3銭
FX プライムGMO 1000通貨~ 1万通貨未満0.3銭 0.6銭

上の一覧は取引単位が低い順に並べました。上の2社は1通貨から始められるようです。1000通貨から始める前にもっと小額で少し取引に慣れてからやりたいけれど、デモトレードだと物足りない方は、1000通貨対応の口座と、1通貨や、100通貨の口座を2つ作っておくのも勝ちにつながる方法の一つです。なぜかというと、「お金が動かないと真剣になれない」「デモに割く時間が無い」などの理由があり、あまり意味がありません。やはり実際に損益が懸かった取引から始めて、1000通貨の取引を想定しながら行うことがトレードに慣れていく1番の近道だと思います。

1通貨対応している「SBI FXトレード」は新規で口座開設した方に500円入金するキャンペーンを行っているようです、1通貨で500円あれば、1円相場が動けば「1通貨=±1円」なので、損失を出してしまってもSBIから500円入金されていますので、実質損はしたことになりません。まずは1通貨からやりたい方はデモトレードよりもこちらの方がおススメです。

「FX プライム GMO」は取引1回毎に「0.3銭」手数料が掛かります。1000通貨時の0.3銭の手数料は「3円」になります、金額的には、さほど気にはならないですが手数料が掛かっている意識を持って取引を行いましょう。ちなみに、FXプライムは1万通貨から手数料は無料になります。

2.取引方法

ここからは初心者でも1万円で1000通貨の取引で利益を上げやすくなる取引方法を解説していきます。ここで覚える事は、これから利益を上げて金銭的に余裕が出来たら「1万通貨」、「10万通貨」と、通貨単位を大きくしていくと思います、その頃でも必要になる方法です。ぜひ覚えてください。

2-1.損切り設定をする

1万円の取引だけに限らず「損切り設定(ストップ注文)」を覚えましょう。

損切り設定を活用することで、相場が逆行したとしても、できるだけ損失を小さく抑えることが可能になります。また別名「逆指値注文」とも言います。

FX取引には損切りがとても重要です、ポジションを注文時は必ず損切り設定をして下さい。損切りとは持っているポジションが含み損を抱えている時に決済し、損失を確定させる行為です。

負けを確定させることが出来ずに、たった1回の取引で大きく負債を抱えてしまっては、その取引で抱えた負債を取り返すのに倍以上の時間と労力が掛かるからです。ですので、もし相場が逆行してしまいマイナスを抱えてしまいそうになったらすぐに損切りをして次のエントリー出来るポジションを待つ方がいいのです。

では相場が逆行してしまった時、損失はいくらに到達したときに損切りを行えばいいのかというと、今回は1万円の資金で1000通貨の取引を行っている前提なので、先ほど1000通貨時の必要証拠金は「4000円」と説明しました。なので、6000円の損失でアウトです、なので6000円を本当の自分の資金だとします。

6000円÷20(損切り回数)=300円(損切りライン)

「-300円」を最低でも20回損切りできるようにしましょう。例えば1ドル100円とし、100円で買いポジションを持っていたとすれば、100.000~99.700まで逆行したら損切りすることになります。

正直これだけ守っていればトレード結果が大きく変わります。しかし精神的な事から損切りが出来ない方が多くいます、そして多くの人が負けています。迷いが出そうな方は、ポジションを注文したらチャート画面を見ないようにして、後は自動的に損切り設定に任せるのが必ず実行できる方法です。

2-2.収支を付ける

その日のトレードを終了したら、必ずその日の1回1回のトレード結果やトータルの収支結果などをまとめましょう。そうすることによって、今までの結果などが振り返ることができ、今後のトレードに役立てる事ができます。

記録方法は、エクセルで自作しても、手書きでノートなどに記入しても構いません。ですが、今ではスマホのアプリなどに「FX収支表」アプリなどもあるので常に携帯し、確認などもすぐ出来るのでおススメです。

「FX収支管理」☆4

「FXトレード記録(収支管理、自己分析)」☆4

勝てる日もあれば、もちろん負ける日もあります、その日の収支を記録するのはとても悔しいですが、その負けに向き合わなければ、負けた原因や、対応策も見つかりません。負けている方によく見られるのは、収支を付けておらず、「今月は大体〇〇円マイナスかな」と把握しておらず、収支に目を背けている事があります。

簡単でもいいので最低でも「通貨ペア」「利益」「損失」「通貨単位」だけでも記録しておきましょう。

3.1ヶ月で3万円稼ぐ

これまでの内容は「1万円」ということを頭に入れてそれを踏まえながら解説してきました。では「1ヶ月」という期間で1万円を元手にいくら稼ぐ事が出来るかを考えました、結論から言うと「3万円」です。これが1万円からFXを始めて1ヶ月で出せる現実的な数字です

FXで夢のある話といえば、「1日で10万円勝てた」「FXを始めて1年で何千万儲かった」などの類です。しかし、その話ほとんど資金が初めから何百万も用意出来ていたり、一昔前のレバレッジが100倍、200倍と掛けられていた時代だったり(現在は最大25倍)で、元手が大きいほど扱える通貨単位も大きく掛ける事も出来ますので利益も期待できます。ですが元手が1万円だった場合、どうしても扱える通貨単位も小さく、最大ほぼ1000通貨と限られて、利益もそこまで期待できません。

3-1.3万円稼ぐ道順

1ヶ月で3万円稼ぐには、先ほど説明したように1000通貨からの取引なので1回の取引で大きな利益を望めません。なので、「pips(ピップス)」を多く稼ぐ事が必須になります。

pipsとは、FXの通貨の単位で「pip(ピップ)」とも呼び、今回は1000通貨なので1pips=10円となります。

では3万円を稼ぐには1日、何pip取ればいいのか言うと「50pip」を目指しましょう。50pip=500円となり、1日500円稼いでいく事になります。ですが、証拠金に余裕が出来たら通貨単位を上げて、取引を行っていきます。

FXは、土日取引を行っておらず、約20日間に限られてしまいます。ですので今回は1ヶ月間としてではなく、1ヶ月は約30日間とし、通貨ペアは「米ドル/円」1ドル=100円で取引を行うとします。

3-1-1.1日目~8日目

1000通貨 証拠金10,000円 必要証拠金4000円 1pip=10円

50pip×8日間=「4000円」の利益

4000円の利益が出たことによって9日目から「2000通貨」での取引を開始。

現在の利益+4000円

3-1-2.9日目~16日目

2000通貨 証拠金14,000円 必要証拠金8000円 1pip=20円

50pip×8日間=「8000円」の利益

8000円の利益が出たことによって17日目から「3000通貨」での取引を開始。

現在の利益+12,000円

3-1-3.17日目~24日目

3000通貨 証拠金24,000円 必要証拠金16,000円 1pip=30円

50pip×8日間=「12,000円」の利益

現在の利益+24,000円

3-1-4.25日目~30日目(2通り)

・(A)4000通貨 証拠金36,000円 必要証拠金24,000円 1pip=40円の場合

50pip×5日間=「10,000円」の利益

最終利益+34,000円

・(B)3000通貨 証拠金36,000円 必要証拠金16,000円 1pip=30円の場合

50pip×5日間=「7500円」の利益

最終利益+31,500円

このような2通りの結果で両方とも1ヶ月で「3万円」の利益を得る事が出来ます、しかしこれはあくまで卓上の話であり、簡単な話ではありません。もしあなたが初心者であるならば必ずミスは生まれます、1ヶ月で3万円を稼ぐには「現実的」と説明しましたが、それと同時にこの取引は3万円を稼ぐのに最も「理想的」であると言えます。これに近づくためには、常に勉強の姿勢、身に付ける努力を怠らなければ、必ず出来るはずです。

3-2.扱う通貨ペアを増やす

先ほどの計算の時にpip数を稼ぐ事が必須と伝えました、多少経験のある方なら気付くかもしれませんが、1日に動くpip数なんて、1ペア辺りおおよそ「100pip」前後で、米ドルが1ドル100円~101円に動く程度で、その半分の50pipを取るよりも、ほかの通貨ペアも使って「5ペアで10pipずつ」取るのなどした方がいいのでは?と考えると思います。もちろん取引量も多く、メジャーで安定し自分にあった通貨ペアなどが分かった上でやるのなら複数ペアの取引もしてもいいと思いますが、付け焼刃で、あまり慣れていない通貨ペアや、初めて触るような通貨ペアに手を出すようなら、ひとつに絞ってください。もちろん初心者の方は必ずひとつの通貨ペアに絞ってください。

多くの通貨のチャートを見ていてはエントリータイミングや、利確、損切りなどの大事な場面を見逃してしまうからです。まずは慣れるまでひとつの自分に合った通貨ペアに絞って取引しましょう。

4.最後に

FXを1万円で始めるには通貨単位を落とせば始められます。ですがここから「利益」を望むのであるならば1万円ではあまり多くの利益を得ることは難しいでしょう、しかしFXに慣れるには私は1万円という数字は非常に適していると考えます。

この1万円をつかって、いくらまで増やすことが出来るのか?どのようにしたらすぐ無くなってしまうか?を考えて慎重に実践したり、調べたりするだけでも大きな経験になります。