FXいくらから始められる?答えはあなたの財布の中!?

お金

fxってすごく敷居が高そう、始めるにしてもいったいどのくらい金額が掛かるのか分からない、、、。

もし資金が少しでも安く抑えられるのならfxを始めたいと思いませんか?

 

実際多くの資金を必要としないで、fxを始められている方は、多々います。

しかもわずか数百円~数千円といったみなさんのポケットマネーほどの金額です。

 

今まさに、学生の方や少ない資金で始めたい人たちに合うよう、低資金で始められるfx会社が増えているのです。そのfx会社の口座開設の際に数百円~数千円を入金すれば、簡単に始められます。

 

しかし、始めるにしてもいきなりそのfx会社のホームページに行き、口座開設をするのは少し不安なはずです。

 

そこで、この記事を読むことにより、その不安を解消して、fxはどのような仕組で何がいくら掛かるのかを理解し、スムーズにfxを始められるようになります。

1.fxをやるには最低いくら必要か 

 

1-1.始めるだけなら最低400円から

 

fxを始めるのには最低400円からでも始められます。

 

現在、最低取引単位(資金)の少ないfx会社が増えています。かつて1万通貨からの会社しか無かったのですが、最近はそういった初心者でも始められるよう1000通貨や、100通貨などの取引が出来る会社が増えています。

通貨とは

fxでは様々な国のお金のやり取りをします。

米ドル、ユーロ、豪ドル、英ポンド、などのお金を総称したものです。

つまり、1000通貨なら。1000米ドル、1000ユーロとなります。

それを日本円で買ったり、売ったりします。

最低取引単位とは

fxを始めるにあたってfx会社の口座を開設しなければなりません。

そのfx会社で定められた「最低〇〇通貨からしか取引できませんよ」などといった決まりです。

 

でも最低取引単位が100通貨からで100米ドルを買いたいとして、1米ドル100円の場合、1万円無いと買えないのになぜ400円から始められるのか?疑問に思うかも知れません。

 

なぜかというとfxにはレバレッジというものがあり、それを活用することが出来ます。

 

レバレッジとは

資金に数倍から数十倍まで掛け(最大25倍まで)少ない資金でも大きな金額の取引が出来るシステムです。

 

簡単に説明すると、例えばさきほど説明したように最低取引単位100通貨の会社に500円入金したとします、25倍レバレッジを掛けたら、

500円×25倍=12、500円となり、その金額分で、取引が出来るのです。

レバレッジ25倍解説図

必要証拠金(証拠金)とは

証拠金とは取引の際、fx会社に預ける担保で、必要証拠金は、売り買いなどの取引額に応じた必要となる預託金のことです。

 

例えば、最低取引単位1000通貨からの会社であなたは、米ドルを買おうとします、そうすると1000ドルですね、ドル円を100円とし、レバレッジ25倍とすると必要証拠金は、4000円になります。なぜかと言うとレバレッジ25倍の時の掛かる証拠金は4%だからです。(1ドル100円の場合)

 

必要証拠金の計算式

【レバレッジ25倍、1ドル=100円の場合】

~1000ドル通貨の取引の場合~

100円 × 1000ドル × 4% = 4000円

※2017年10月調べ

 

1-2.利益を出すためには最低5,000円は必要

 

利益を出すためには最低5000円は欲しいです。

 

少しでも低資金で始めたいと思っている方も多いと思います。

やはり思うところは、少ない元手で始めたいリスクを少なく。気軽に始めたい、したい。

 

これらの事は、初心者の多くの方が思うところでしょうが、まずは、少ない資金でいったいどれほどの利益が上げられるのかを知りましょう。

 

まずは結論から、100通貨や1通貨といった一般的には少ない単位ではほとんど利益を取ることは難しいです

ドル円の相場で考えると1日に1円動く程度です。

 

例えばドル円を100.00円の買いポジションで100通貨分買った。

 

その後101.00円まで上昇し、そこで決済した。

 

その場合の利益は

FX買いポジション図

100通貨×1円(値幅)=100円の利益

 

 

つまり1日ずっとポジションを持ち続けて、一番の高値で売れたとしても、これだけの利益にしかならないのです。

 

もしこれが1000通貨なら1000円の利益。1万通貨なら10000円の利益になっているはずです。

 

確かに初心者の方は、リスクの少ない低レートで一番始めた頃に練習をかねて始めるには、いいかもしれません。

 

いくら稼ぎたいのかで、通貨の単位は変わってきます、少ない金額で開始できますが、利益も損失も低額なので適当に売買してしまい全く上達しない方も数多くいます。

 

取引に慣れるまでは少額取引で練習すべきですが、トレードの方法を覚えたら、しっかりと相場と向き合えるだけの金額で取引しなければ時間の無駄でもあります。

 

 

2.fx会社ごとの初期費用の比較

 

では、fxを始めるには、口座を開設しなければ取引が出来ませんね、fx会社の選び方も大事です。掛かる初期資金も大きく変わってきます。先ほど説明した低資金でも始められる会社のメリットやデメリットを解説していきます。

ここで各fx会社の最低取引単位の一覧などを紹介します

FX会社名 最低取引単位(金額) 必要証拠金
マネーパートナーズ 100通貨 400円
FXプライム 1000通貨 4000円
GMOクリック証券 10.000通貨 40.000円

※1ドル=100円で、レバレッジ25倍の場合

 

3社ほどの紹介ですが、これだけ見ても、様々な最低取引単価に設定している会社があります。

ここに表記されていない会社のほとんどが、最低取引単位は1万通貨からの会社が多いのが現状です。

中でも上の2社は、少ない資金で始められるようです。

ピックアップして紹介していきましょう。

 

 

2-1.マネーパートナーズ

 

一番上のマネーパートナーズは、400円からの低資金でも始められるようです。

しかし最低金額の400円から始めたとしても利益は思うように出せません。

 

そして、海外旅行の際には空港で外貨を受け取れる外貨両替サービスがあり、

低コストでドル・ユーロなどの外貨に交換できてとても便利です、評判がかなり良いサービスのひとつですね。

受取可能空港は、中部国際空港、羽田空港、関西国際空港、成田空港です。

 

スプレッドが狭いのも魅力の一つです。

 

スプレッドとは

スプレッドとは通貨の買値と売値の差額の事を言います。

例えば1ドルを売る時は100円10銭、買う時は100円11銭とするとこの差額の1銭がスプレッドです。つまりスプレッドは取引の手数料です。

このスプレッドが狭いほど低コストで取引ができ、有利な取引をすることができます。

 

 

2-2.FXプライム

 

上から2番目のFX プライムは、初心者にも使いやすくお勧めできますが、扱う通貨のペアが少ないのが難点です。

会社によって扱ってない通貨のペアもあるので選ぶ際のポイントになります。

メジャーな通貨で初心者の方でも分かる、米ドル/円はどの会社も扱っています。

 

 

2-3.GMOクリック証券

 

最後に、GMOクリック証券の紹介です。

ここの会社は人気fx会社ランキングなどで毎回のように1、2を争う会社です。

その理由としては、なんといっても業界トップクラスの手数料の安さ、fxの取引手数料にあたるスプレッドや、様々な手数料も、かなり安く抑えられています。

 

fx会社によって初期投資の違いだけの事だけでは無く、様々なサービスや仕組みがあり。メリットデメッリトがあります。

さらに、それぞれの会社で口座開設のキャンペーンとして、数万円のキャッシュバックを期間限定などで、行っている会社もあるので、そういった会社を選んでみるのもいいと思います。

 

3.証拠金維持率は400%~500%を保とう

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは持ったポジションに必要な証拠金に対する資産額の割合

 

少ない資金でもfxを始められることがお分かりになったと思います。しかし、トレードをする際に、fx会社ごとに指定された最低資金額では少し心もとないスタートとなります。

 

なぜかと言うと、取引をする際売りか、買いかを決め、注文を確定しポジションを取ったその時から、証拠金維持率というものが発生します。

 

では、口座残高(証拠金)が1000円で、ドル円1000通貨の買いポジションを持ったとします

ドル円1000通貨の必要証拠金は1000円です、ポジションを持ったと同時に証拠金維持率は100%となってしまいます。

 

証拠金維持率の計算式

【レバレッジ25倍、1ドル=100円の場合】

~4000円の資金で1000ドル通貨の取引の場合~

4000円(証拠金)÷4000円(必要証拠金)×100100(%)

※会社ごとにわずかな誤差があります

 

少しの値動きで、含み損をかかえてしまったら100%を切ってしまう状況です。

どういう事かと言いますと、100%の維持率を切ってしまうとfx会社の方からマージンコールがなされます、これは「証拠金維持率を回復しないと強制ロスカットしますよ」という警告です。

 

強制ロスカットとは、fx会社があらかじめ定めた維持率を下回ったら、維持率を改善しない限り、fx会社の方で強制的に決済されるような仕組みです。

 

つまり資金が4000円のときに、ドル円1000通貨の買いポジションを持ってしまったりすると、始めた瞬間に、ロスカットのピンチとなってしまいます。

 

なので、推奨する証拠金維持率は400~500%を目安にしてください。

 

それと「みんなのFX」というfx会社のサイトに証拠金シミュレーションというページに行けば調べたい証拠金維持率などを自動で算出してくれます。

証拠金シュミレーション

6つの項目を入力するだけ。

証拠金シュミレーション説明図

 

4.意外と見落としがちな3つの費用

 

今まで、最低でも知っておくべきお金が掛かるポイントを伝えてきました。

多くの初心者の方は、初期投資や始め方だけを調べて、取引をスタートして、情報不足で後悔する事も多々あります。

 

ここから少し、取引を始めだした頃に「あれ?」と思うような、実はお金が掛かるポイントをいくつか紹介していきます。

 

4-1.スワップ金利

 

スワップ金利とは

スワップ金利(スワップポイント)とは、fxの利息(利子・金利)です。

2つの国の通貨の金利差をスワップポイントと呼びます。

 

 

例えば米ドルを買った場合、米ドルの金利が.25%、日本円の金利が.10%とし、そのポジションを持ったまま翌日まで持ち越すと。

その金利差の.15%分(年利)が、スワップポイントとして利益となります。

 

逆に売りで入った場合、米ドルで日本円を買って売りポジションを成立させると、.15%分のスワップポイントを支払う必要があります。

 

では、通貨ペアごとの買った場合、売った場合の差を見てみましょう

通貨ペア

買スワップ

売スワップ

ドル/円

39円

ー44円

ユーロ/円

ー9円

0円

ポンド/円

15円

ー22円

濠ドル/円

42円

ー47円

トルコリラ/円

94円

ー101円

※2017年9月19日時点

通貨ペアによってかなりの差があり、常に変動しています。ユーロ/円では、持ち越したら、どのポジションでも金利を支払わなければいけない時もありますね。

金利が付与・回収される時間帯はfx業者によって異なりますが、基本には日本時間の午前6時、または午前7時です。

 

買いのポジションでスワップ金利が付与する状況なら問題ないのですが。

売りのポジションで持ち越して何日も経過すると、マイナスの金利がかさんでいきます。

 

あなたが少ない資金で、100通貨や1000通貨の取引をしている状況だと、こういったマイナスの金利がもったいなく感じてしまうかもしれません。

なので、売りポジションの際のスワップ金利には、注意しましょう。

 

 

4-2.スプレッド

 

スプレッドとは、売りと買いのレートの差の事を言います。

fxの取引における手数料のようなものです。

FXスプレッドの差

 

会社ごとに差はありますが、上の図の場合でいくと、3銭の差をfx会社に手数料として支払うことになります。

1万通貨で買った場合、差は3銭なので、、、3銭×10,000=200円(手数料)

 

つまり、-200円からのスタートとなります。一日に何度も取引をするとかなりの額になるとは思いませんか?

fx会社や通貨ペアによってスプレッドの幅も違ってくるので、そこも注目してみましょう。

 

 

表記は「sp」や、「Spread」と表されている事が多いので、迷わないようにしましょう。

 

 

4-3.振込、出金手数料

 

fx会社ごとに入出金の手数料が掛かる所もあれば無いところもあります。

特に入金の際は、クイック入金(ネット入金)か、銀行振込で大きく変わります。

 

クイック入金の場合ですと、手数料は、無料もしくは、何千円以上で無料の場合が多いです。

 

銀行振込の場合ですと、手数料は、本人負担になるのがほとんどだと思います。

しかし、そのfx会社の指定した口座を開設すれば、無料になるケースもあります。

 

まず手数料が掛かる掛からない以前に、入金などには、24時間対応であるインターネットを活用しましょう。

無料であると同時に取引もスムーズにおこなえるため、ぜひ始める前に登録しておきましょう。

 

 

 

5.まとめ

 

初心者がfxを始めるにはいくらからか?結論は、「400円から始められる」です。

 

金額は低資金でもやれないことはありませんが、数千円などでは、心もとありませんし

利益を出すには不向きです。

 

資金を増やしてから始めるにしても、本当にその資金をfxに回しても大丈夫なのかを一度よく考えて、

自分の生活家族の生活を圧迫してしまうのなら元も子もありません。

 

いざ取引をするとなると、専門的な用語を覚えることや、専門的な手法も必ず必須になります。まずは初歩的な事でしたが、これから一歩ずつ学んでいきましょう。