FXのレバレッジの倍率の計算方法とは?簡単に計算する方法

 FXにはレバレッジというシステムがあり、FX口座に預けている証拠金以上の大きい取引をすることができます。このレバレッジの倍率を大きくすることにより、4万円で100万円の取引もすることが出来ます。しかし、大きい取引ができるということは、大きい取引分の利益だけではなく、損をする可能性が出てきます。

 この記事では、自分でレバレッジの倍率の計算方法について書かれています。この記事を読んでもらうことによって、自分でレバレッジの倍率を調整して取引ができるようになります。

1.レバレッジ倍率計算方法

 レバレッジの倍率の計算方法を使うことで自分が取引している取引のレバレッジの倍率を知ることが出来ます。この計算方法は、自分のレバレッジの倍率を調整するために必要なことです。

  レバレッジの倍率を出す計算式は、一つの取引するときの金額に証拠金を割ることで出すことが出来ます。

 上の図の計算式の例では、USD/JPY100円の時に、1万通貨の取引したときの取引金額は、100万円です。

 

 この取引をするために、自分が口座に預けている証拠金10万円で取引する場合、取引金額100万円を証拠金10万円で割ることでレバレッジ10倍の取引であることが分かります。

 

 次に、複数の通貨ペアで取引している時の取引全体のレバレッジの計算方法を紹介します。

 

 複数の通貨ペアでレバレッジを使用している場合は、すべての取引した金額に証拠金を割ることで1つの取引時と同じようにレバレッジの倍率を出すことが出来ます。

上の図の計算式の例では、最初に3つの取引の取引金額をそれぞれ出します。 

 

 次に、3つの取引の取引金額を合計して、証拠金で割れば複数の通貨ペアを利用している時の取引全体のレバレッジの倍率を出すことが出来ます。

 

 このように、計算を利用することで取引のレバレッジの倍率を出すことが出来ます。この結果を利用して自分が設定した倍率以上のレバレッジにならないように調整することが出来ます。

 

2.レバレッジの倍率

 国内では、最大25倍の取引を行うことが出来ます。例えば、100万円の証拠金で200万・1000万円・最大で2500万円の取引をすることが出来ます。

 1ドル100円のレートの時に取引した場合、下の表にあるように4万円の投資資金で25倍のレバレッジを利用したときに1万通貨100万円分の取引を行うことが出来ます。このように、少ない投資金額でも大きい額の取引ができることが分かります。

 

 この表で見てわかるように、レバレッジの倍率を大きくすればするほど大きい取引ができるとわかります。しかし、利益と損失を出すハイリスクハイリターンのシステムです。なので、FX取引が初心者の方やリスクを背負いたくない方は、レバレッジの倍率は、1倍~5倍までに抑えるとよいでしょう。逆にFX取引に慣れている人は、10倍以上の高レバレッジの取引も利用するなど取引の選択肢にすることが出来ます。

 

3.まとめ

 レバレッジを使うことで普段の取引より多くの利益を出すことが出来ます。しかし、それだけの損失が出るかもしれないハイリスクハイリターンのシステムです。そのシステムをただ使うのではなく、自分でレバレッジの倍率を調整して取引をコントロールすることが大切です。